メインイメージ画像

ベースとなる価格プラス現状

どんなマンションでも査定価格は周囲の地価等基礎データーを考慮し算出されます。実際は、ベース価格にマンションの現状等を加えて価格が定められます。
だから、マンションを高く売る査定としては、訪問査定をおすすめします。訪問査定は、売る予定のマンションを見て査定を行うため、眺めなどのプラスな面がベース金額に上乗せされます。環境的要因以外にも内部が美しくしてあること畳などの傷みが最小限なことも金額に上乗せされると思います。


加えて、担当者との話なので、あなた自身がマンションを離さなければならない事情等話し合い次第では価格に足してもらえる事例もあると思います。この2つの面から、高く売る方法として訪問査定がよいでしょう。

現実、マンションを売却するケースにも、税金はかかります。本段落では、マンション売却時に必須とされる税金について記してみましょう。
最初に、いる税金として所得税・住民税があります。

しかし、この税金はマンションを売却した金額が、買った時の値段よりも高いケースで活用されるものなので、ほぼ考慮することはないでしょう。
二つ目は、売買契約時にどんな場合でも必要な印紙代です。売却金額によって、詳しく決定されているため、不動産会社に聞いて下さい。
また、特例という形式で設定は存在しますが買い替え特例、3000万円控除特例などがあるのです。前者は、売却した年度の徴税はしないもの、後者は、3000万円未満の純益は非課税としてあります。